注目の記事

清潔な状態を維持する

お尻の肌は荒れやすく、それを防ぐためにはスキンケアや日常生活での注意が必要です。
なぜ荒れやすいかというと、肌に密着する下着で締め付けられている上、イスに座る機会も多いからです。
そのため、まず下着とイスとの摩擦で肌がこすれて傷みます。
さらに下着に圧迫されますし、イスに座ると上半身の重みとイスの硬さとでサンドされて、さらに圧迫されます。
それによる血行不良で、肌が衰えてしまうのです。
肌質が低下すると、乾燥してニキビができやすくなりますし、硬質化して手触りも悪くなります。
ニキビも硬質化も、肌の黒ずみの原因となります。
そのためお尻には、ローションやクリームなどの化粧品により、積極的に美容成分を与えることが大事です。
摩擦で失われる美容成分や、血行不良で作られにくくなる美容成分を、化粧品で補充するわけです。

美容成分の中でも、特に保湿成分が大事です。
スキンケアでしっかり保湿をしておけば、肌の弾力はアップしていきます。
弾力があれば、摩擦や圧迫による刺激をある程度弾き返すことが可能です。
つまり肌は、ダメージをあまり受けなくなるのです。
入浴後の肌は特に美容成分を吸収しやすいので、入浴後すぐに、まずはローションを塗って潤いを与えておき、その後クリームでコーティングすると良いです。
ローションにより肌の奥深い部分から潤いますし、クリームにより肌表面が潤います。
そしてクリームがフタとなって、これらの潤いが外部に逃げなくなるのです。
また、下着はあまり締め付けないタイプのもの、座るイスはクッション性の高いものを選ぶようにすることも大事です。
そうすることで、お尻の肌が受けるダメージは少なくなるのです。